安倍政権の今こそ旧宮家復活を!

先日、以下のようなツイートをしました。

「皇太子殿下、雅子妃殿下に対し何やら雑音があるようです。実際に見た、直接聞いたことも恐らく無く、宮内庁の公式発表も無い三流週刊誌の戯言が原因のようです。日本国民として、宮内庁から正式発表ある雅子妃殿下のご健康回復をひたすら祈るのみです。国民への祈りが皇室ならそれに応えるのが国民です。」

このツイートに対しての反応は、普段よりリツイートはかなり少なく、リプも敬愛できないという意見だけでした。そのように感じる原因は、恐らく誰も本当のことを知る由もなく、ネットでの噂とか、週刊誌の記事によるものを信じた結果だと思います。

皇太子妃殿下が、ご病気でご公務に差しさわりがあり、ご公務を欠席される以外は、秋篠宮妃殿下と日常のお過ごし方は何のお変わりもありません。私からすれば国民は、見事に洗脳させられたと感じます。日本国民の皇室敬愛の念を奪おうとする策略に、見事にはまっていると言わざるを得ません。

唯一つ、宮内庁が公表する皇太子妃殿下のご病気、これだけが事実です。国民として回復をお祈りするのが皇室への敬愛です。私は、どんなに疑問となるようなことが世間で言われようが、皇室敬愛の念を持ち続けます。皇室に関し、世間の雑音など絶対に聞き入れません。

私の信念は何があっても曲げません。それが井上太郎です。皇室に関し、触れてはいけないこともあると思います。国民が信じなくては日本の宝が失われていきます。どうぞご理解ください。

そして皇太子妃殿下に対する批判をすることより、愛国活動として必要なことは、旧宮家復活の声を上げ、今こそ実現を目指すことです。小泉政権時、皇室に直系嫡男男子の生誕が待ち望まれた時、女性宮家創立に反対し旧宮家復活を主張したのは、当時副官房長官だった安倍現総理です。

日本国を本当に憂うなら、皇室に対し批判をすることよりも、日本国民として安心でき、絶対的な皇室存続を、国民として考えるべきです。悠仁親王殿下のお誕生により女性宮家等の議論は息を潜めました。しかし悠仁親王殿下の幼い今の時期にこそ、最もこの問題に理解のある安倍総理により、旧宮家の復活を絶対に実行すべきです。

お世継ぎ問題を考えるに、皇太子殿下、同妃殿下のお心を察すると、相当のプレッシャーがあったのではないかと案じられます。秋篠宮殿下の存在により、悠仁親王殿下がご生誕され、一応は救われたという感はありますが、次に将来において悠仁親王殿下に対するプレッシャーとならないように、今こそ旧宮家を復活させることが大切です。

秋篠宮殿下と妃殿下にあってもどれほどの心痛があり、国と天皇家への思いから悠仁親王殿下のご生誕になったかと思うと、国民として極めて辛いことです。

将来、悠仁親王殿下がご成婚され、嫡男男子誕生へのプレッシャーがあってはいけません。男子兄弟のいないことは決定していることです。多感な時期、そして成年となられ、ご自身の境遇を理解される前に、解決しておくことは極めて重要だと思います。

旧宮家は、GHQの政策により解体されました。昭和22年に「皇籍離脱」の宮内府告示が下りました。翌日の官報告示により、11宮家・51人もの皇族が一度に皇籍を離れることになりました。旧宮家の復活を要望する国民の声を上げ、その国民の声により閣議もしくは国会の決議をし、皇室会議において旧宮家復活を議決すれば可能であると判断します。

そしてこれを出来るのは、女性宮家創立に反対し、旧宮家復活を主張した安倍総理を置いて他にはいません。さらに悠仁親王殿下がプレッシャーを意識されない、まさしく今しかありません。安倍総理を売国奴というアンチ安倍でも、旧宮家復活ということでは賛成していただけますよね。

小泉政権当時、旧宮家の嫡男男子に復帰についての意思確認を宮内庁が実施し、数名の方より快諾いただいたということも公表されています。

天皇陛下、そして皇室は日本そのものです。建国以来、2674年続く誇り高い文化伝統を絶やすことになっては、日本国の存亡にもかかわってしまいます。日本を愛し、大切に思うなら、愛国活動として、今まさに旧宮家復活の声を国民一丸となってあげるべきです。安倍政権の今こそ可能だと思います。

このブログに、ご賛同される方は、是非ともご協力を、お願い申し上げます。

旧皇族(旧宮家)とは

旧皇族の11宮家は、すべて室町時代以来続く世襲親王家の筆頭であった伏見宮家の男系子孫にあたります。

伏見家  伏見博明(1932年 – )

閑院家

久邇家  久邇邦昭(1929年 – )

山階家

北白川家 北白川道久(1937年 – )

梨本家

賀陽家

東伏見家

朝香家  朝香誠彦(1943年 – )

竹田家  竹田恒正(1940年 – )弟がJOCの恒和氏

東久邇家 東久邇信彦(1945年 – )

購読記事は会員専用です。既に登録済みの方はログインしてください。まだの方は右の購読ボタンから決済をして頂き会員登録をお願いします。